英語を聞き取れない時の対処法!ネイティブ英語を聞き取ろう

こんにちは皆さん、けんてぃです。 英語のリスニングができないというのは多くの英語学習者にとって、悩みのタネになるものです。 今でこそ英語を教える立場になった僕ですが、英語のリスニングができなくて悔しい思いをしたり恥をかいたなんていう経験は一度や二度ではありません。 楽しくネイティブと英会話をしたいのにどうしても相手の言っていることが聞き取れない、、、。相手が入っていることがわからないので面白くなくなってしまって会話の輪に入れなくてとっても悔しい思いをした、そんな経験がたくさんあります。   でも大丈夫です。そんな僕でも、コツコツ続けてきたらほぼ全てのことは聞き取ることができようになりました。   今思えばオーストラリアで仕事を始めた時に電話の対応するなんていうのはまさしく恐怖体験でした。笑   いきなり五つ星ホテルで働き始めたのですが予約の電話を取ることが怖くて仕方ありませんでした。相手が入っていることも分からなければそもそも何の電話なのか理解できないことすらありました。笑(当時のお客様申し訳ございませんでした。)   他にもサンドイッチ屋さんサブウェイで英語で注文を聞かれるのも最初はプレッシャーを感じていました。お昼時の忙しい時に行列が出来ておりものすごいスピードで何を入れますか何のサンドイッチにしますか?とまくし立てられて、 毎回超シンプルな決まりきって注文ばっかり頼んでいたことを覚えています。笑   それでも、そんな環境に自分の身を置いたからこそ何とか英語のリスニングを向上させねばと努力を続けることができました。本当に昔は、リスニングができないことがとっても悩みでした。   英語のリスニングができなくて、緊張したり恥をかくなんて経験もありますよね。 この記事を読んでくださっているということはきっと何とかして英語のリスニングを向上させたいと一生懸命勉強されていることと思います。自分の経験から少しでもあなたがリスニング向上できるように対応策を紹介していきたいと思います。 正しい英語の発音を理解しよう 英語リスニングができなくて悔しい思いをすることもありますよね。 多くの場合は英語特有の音を理解していない時に「自分が思う英語の音と違いすぎて聞き取れない」ということがおきます。消えてしまう母音や弱まる母音の音(あいまい母音)やリンキング、音が繋がって変化して聞こえる音は要注意😌 — けんてぃ🇦🇺英語ライフクリエイター (@kentojapan912) May 16, 2020 ズバリ最初からなぜ英語のリスニングができないのかという根本的な結論についてお話をしたいと思います。長年オーストラリアに住んでリスニング向上を苦労しながら研究してきた僕の意見は、「あなたが英語だと思い込んでいる音と実際の英語が違いすぎるからリスニングができない」というものです。   もちろんこの記事の柿で書いていく別のポイントも関係していますが、「あなたが英語だと思っている音と実際の英語の音が違いすぎる」というのはとても大きな点だと思います。   日本の環境で例を出して説明をしてみたいと思います。   僕は、個人的に方言やなまりというのはとってもユニークで面白いので大好きなんですが、 日本国内でも旅行をすると旅先で訛りが強すぎて同じ単語なのに聞き取れないということが起きますよね?   僕は愛知県の出身ですが、東北に旅をした時にそういった事が起きました。 訛りが強いというのはどういうことなのかと言うと少し噛み砕いて説明をすると、「音のリズムや上がり下がり」が違うということです。   さらに例えるのであれば、人気の歌をよくカバーをして別の人が歌ってリリースするということがありますよね?オリジナルの本人が歌っている歌とカバーをしている人の歌は少し雰囲気が違ったり、アレンジによっては別の歌に聞こえることがあるものです。そうすると一見全く同じ物でも同じようには聞こえませんよね。 「同じものだと認識ができない」 ということです。それが言葉で起きた時に「聞き取れない」ということになります。同じものだとはっきりと理解ができないからです。   先ほどの日本の国内旅行の話でも、僕がこういう意味ですか?という風に聞き返して確認をとらないといけないことがありました。もしくは僕の脳がこういう意味だと理解するまでに少し時間がかかるんです。それはやはり僕が「この日本語の音はこうだ、と思い込んでいる音と旅先の東北の人が発音した音が違いすぎる」からです。   よく日本人はカタカナ英語で発音が下手という風に言われますよね。実はそのカタカナ英語があなたが英語だと思い込んでいる音です。実際の本物の英語の音と差があって仕方がないですよね。その差が大きいために英語を聞き取ることが難しくなっています。あなたの耳が悪いだとか、あなたが英語が向いていないということではないんですよ。   具体的には、日本語ではあいうえおの母音を一つずつきちんと発音しますが英語では消えてしまう母音やとっても弱くなってしまう母音(あいまい母音)があります。また、リンキングと呼ばれる実際に喋る時には「単語と単語が繋がって音が変化する」ということがあります。そういった英語特有の音を知らないで英語を聞いてしまうと、自分はリスニングができないんだと思い込んでしまうこととなります。   英語の正しい音を認識することがまず第一歩だと覚えておいてください。 英語リスニングができなくて悔しい思いをすることもありますよね。 多くの場合は英語特有の音を理解していない時に「自分が思う英語の音と違いすぎて聞き取れない」ということがおきます。消えてしまう母音や弱まる母音の音(あいまい母音)やリンキング、音が繋がって変化して聞こえる音は要注意。 あなたの発音を良くしよう 英語リスニング向上と言うととにかく英語の音を聞こうとする人がいます。実は遠まわりになってしまうことも。なぜなら、人の脳は自分が発音できる音だけ聞き取れるからです。 発音できない音は雑音として脳みそが捉えてしまいます。つまり、リスニングを向上させたい人は自分の発音を向上させよう。 … Continue reading 英語を聞き取れない時の対処法!ネイティブ英語を聞き取ろう