星の王子さまの名言まとめ36選英語と和訳で紹介

英語についてや人生相談はLINE公式からお返事をしています〜!

けんてぃ
こんにちは、けんてぃです。

僕の自己紹介はこちらをご覧ください。

星の王子さま』(ほしのおうじさま、フランス語原題:Le Petit Prince、英語: The Little Prince)は、フランス人の飛行士・小説家であるアントワーヌ・ド・サン=テグジュペリの小説である。彼の代表作であり、1943年にアメリカで出版された。2015年現在、初版以来、200以上の国と地域の言葉に翻訳される。

「大切なものは、目に見えない (Le plus important est invisible)」を初めとした本作の言葉は、生命・愛とは何かといった、人生の重要な問題に答える指針として広く知られている。この作品の元になったと思われる、1935年のリビア砂漠での飛行機墜落事故の体験は、サン=テグジュペリによる随筆集『人間の土地』で語られている。

レイナル・ヒッチコック社による1943年の初版以来、作者自身による挿絵が使われ、素朴な主人公や脇役の姿は作品とともに愛されている。

ウィキペディア より

フランスを代表する児童書といえば星の王子さまですよね。

 

日本では横浜に星の王子さまミュージアムがあることで有名です。

 

世界中で翻訳された星の王子さまが出版されており、名前を聞いたことがない人はいないのではないでしょうか?

 

児童書ながら哲学書、人生の教えがたくさん詰まった本としても人気です。

 

今回はそんな星の王子さまの名言を英語と日本語でご紹介します。

星の王子さまの名言まとめ36選英語と和訳で紹介

僕の秘密を教えるよ、とても簡単な秘密。正しいものが見えるのは心だけ、本当に大切なものは目には見えない。

“And now here is my secret, a very simple secret: It is only with the heart that one can see rightly; what is essential is invisible to the eye.”

自分を評価することは他人を評価することよりも、はるかに難しい。もし君が自分を正しく評価する事ができたのなら、君は本当に賢い人間ってことだ。

“It is much more difficult to judge oneself than to judge others. If you succeed in judging yourself rightly, then you are indeed a man of true wisdom.”

大人もかつては子どもだった。けど、ほんの少しの人しかそれを覚えていない。

“All grown-ups were once children… but only few of them remember it.”

君が薔薇に費やした時間が、君にとって薔薇をとても大切なものにするんだ。

“It is the time you have wasted for your rose that makes your rose so important.”

僕は僕のままで、ありのままでいる必要があるんだ。

“I am who I am and I have the need to be.”

世界で最も美しい事は、見ることも、触れることもできない、心で感じるものだ。

“The most beautiful things in the world cannot be seen or touched, they are felt with the heart.”

人は皆、星を持っているが、それは人それぞれ違う星だ。旅行者にとっては、星は道しるべ(ガイド)だ。他の人にとっては、星は空の小さな光に過ぎない。学者である他の人にとっては、星それらは問題だ。でも、これらの星は全て静寂だ。あなたは他の誰も持たないような星を持つのだろう。

“All men have stars, but they are not the same things for different people. For some, who are travelers, the stars are guides. For others they are no more than little lights in the sky. For others, who are scholars, they are problems… But all these stars are silent. You-You alone will have stars as no one else has them.”

自分のいる場所に満足する人は誰一人としていない。

“No one is ever satisfied where he is.”

ある日、私は日が沈むのを44回見た。分かるでしょ、人はものすごい悲しい時って、夕日が恋しくなるんだ。

“One day, I watched the sun setting forty-four times……You know…when one is so terribly sad, one loves sunsets.”

星の王子さまは言った、人間が住んでる場所では、1つの庭に5,000本ものバラが育つ。でも、彼らが探してるものは見つからない。それでも彼らはその中の一本の薔薇の中に探し物を見つけることができるだろう。

“People where you live, the little prince said, grow five thousand roses in one garden… Yet they don’t find what they’re looking for… And yet what they’re looking for could be found in a single rose.”

涙の国というのは、不思議な場所だ。

“It is such a mysterious place, the land of tears.”

君が従おうと思ったものに対して、君は永遠に責任を持つことになる。

“You become responsible, forever, for what you have tamed.”

うぬぼれ屋は、彼に耳を傾けない。うぬぼれ屋の人は褒め言葉以外は何も聞かない。

“But the conceited man did not hear him. Conceited people never hear anything but praise.”

まぁ、もし蝶々とお友達になりたいのなら、毛虫の数匹くらい我慢しないといけないわね。

“Well, I must endure the presence of a few caterpillars if I wish to become acquainted with the butterflies.”

人生で大切なことは小さな喜びを楽しむことだ。自分の身の回りの物質的なものの中に幸せがあるわけではない、幸せを見つけるためには目を見開くことが大切なんだ。

“What matters most are the simple pleasures so abundant that we can all enjoy them…Happiness doesn’t lie in the objects we gather around us. To find it, all we need to do is open our eyes.”

「みんなどこへ行ったの?」星の王子様はついに発した。「砂漠にいるのは少し寂しいな、、」「人に囲まれていても寂しいよね。」ヘビは言った。

“Where are the people?” resumed the little prince at last. “It’s a little lonely in the desert…” “It is lonely when you’re among people, too,” said the snake.”

目は盲目だ。心でしっかりと見なくてはいけない。

“But the eyes are blind. One must look with the heart.”

「砂漠が美しいのは、どこかに井戸を隠しているからなんだよ。」と星の王子さまは言いました。

“What makes the desert beautiful,’ said the little prince, ‘is that somewhere it hides a well…”

Antoine de Saint-Exupéry, The Little Prince

僕は友達を探しているんだ。tameってどういう意味?

“I am looking for friends. What does that mean — tame?”

「それはよく見過ごされてしまうんだ、絆を結ぶってことだよ。」とキツネは言いました。

“It is an act too often neglected,” said the fox. “It means to establish ties.”

「絆を結ぶ?」

“To establish ties?”

「つまりね」キツネは言いました。「僕にとって君はまだ、10万人もの少年と同じ、ただの少年にしか過ぎないんだ。君のことを必要としてないしね。君からしても、僕は必要ないでしょ。君にとって僕は、10万人ものキツネと同じ、ただのキツネにしか過ぎない。でも、もしキミが僕を手なずけたら、おそらくお互いを必要とする。僕にとって、君は世界でかけがえのない存在になる。君にとっても、僕は世界でかけがえのない存在になる、、、」

“Just that,” said the fox. “To me, you are still nothing more than a little boy who is just like a hundred thousand other little boys. And I have no need of you. And you, on your part, have no need of me. To you I am nothing more than a fox like a hundred thousand other foxes. But if you tame me, then we shall need each other. To me, you will be unique in all the world. To you, I shall be unique in all the world….”

Antoine de Saint-Exupéry, The Little Prince

「みんな、この大切なことを忘れてしまった。」キツネは言った。「でも忘れてはいけないんだ。君が絆を作ったものに責任を持たないと。君には、君の薔薇に責任がある。」

“People have forgotten this truth,” the fox said. “But you mustn’t forget it. You become responsible forever for what you’ve tamed. You’re responsible for your rose.”

Antoine de Saint-Exupéry, The Little Prince

大人は自分自身のことなんて何も分かってないんだ、それに、子ども達が

“Grown-ups never understand anything by themselves, and it is tiresome for children to be always and forever explaining things to them”

Antoine de Saint-Exupéry, The Little Prince

君は他の誰も持っていない星たちを持つことになる。その中の一つの星に僕は住むんだよ。僕はそこで笑ってるんだ。だから君が空を見上げると、全部の星が笑っているように見えるんだよ。

“You – you alone will have the stars as no one else has them…In one of the stars I shall be living. In one of them I shall be laughing. And so it will be as if all the stars were laughing, when you look at the sky at night…You – only you – will have stars that can laugh.”

Antoine de Saint-Exupéry, El Principito

君たちはキレイだけど中身は空っぽだ、、、君達のためには死ねない。通りがかりの人は僕の薔薇も君たち薔薇と同じように思うだろうけど、僕の薔薇は君たち全部を合わせたより大切なんだ、だって僕が水をあげたのはあの薔薇だから。ガラスの下に置いたのも、ついたてで守ってあげたのも、あの薔薇だから。毛虫をやっつけてあげたのも(2、3匹、蝶になるの以外)、自慢や不満を聞いてあげたり、黙り込んだ時も彼女に耳を傾けたのも、彼女が僕の大切な薔薇だから。

“You’re beautiful, but you’re empty…One couldn’t die for you. Of course, an ordinary passerby would think my rose looked just like you. But my rose, all on her own, is more important than all of you together, since she’s the one I’ve watered. Since she’s the one I put under glass, since she’s the one I sheltered behind the screen. Since she’s the one for whom I killed the caterpillars (except the two or three butterflies). Since she’s the one I listened to when she complained, or when she boasted, or even sometimes when she said nothing at all. Since she’s my rose.”

Antoine de Saint-Exupéry, The Little Prince

分かるでしょ、人はものすごく悲しい時には夕日が恋しくなるの。

“You see, one loves the sunset when one is so sad.”

Antoine de Saint-Exupéry, The Little Prince

星に存在する花を愛するのなら、夜空の星を見上げるのは、最高な事。全ての星に花が咲き誇ってるよ。

“If you love a flower that lives on a star, it is sweet to look at the sky at night. All the stars are a-bloom with flowers…”

Antoine de Saint-Exupéry, The Little Prince

人は皆、それぞれ星を持っている。人それぞれ違う星を。旅行者にとっては、星は道しるべだ。他の人にとってはたた夜空に輝く小さな光にすぎない。学者にとっては星達は問題だ。でも、その中の一つの星に僕は住むんだよ。僕はそこで笑ってるんだ。だから君が空を見上げると、全部の星が笑っているように見えるんだよ。そして、悲しみが和らいだ時(時間をかけて和らぐ)、君は僕の事を知ってることに満足するだろう、、、君はいつだって僕の友達だ。僕と笑いたい時、楽しみを求めて君は窓を開けるんだ。。ぼくはまるでその星にいるんだ、君には笑い方を知っている小さな鈴をあげたよ。

“All men have stars, but they are not the same things for different people. For some, who are travelers, the stars are guides. For others they are no more than little lights in the sky. For others, who are scholars, they are problems… But all these stars are silent. You-You alone will have stars as no one else has them… In one of the stars I shall be living. In one of them I shall be laughing. And so it will be as if all the stars will be laughing when you look at the sky at night..You, only you, will have stars that can laugh! And when your sorrow is comforted (time soothes all sorrows) you will be content that you have known me… You will always be my friend. You will want to laugh with me. And you will sometimes open your window, so, for that pleasure… It will be as if, in place of the stars, I had given you a great number of little bells that knew how to laugh”

Antoine de Saint-Exupéry, The Little Prince

君の悲しみが和らぐ時、君はぼくのことを知っていることに満足するだろう。君はいつだって僕の友達さ。僕と一緒に笑いたい時、楽しみを求めて君は窓を開けるんだ、、、君が笑いながら空を見上げると、君の友達達は確かに驚くんだ。そして君はこう言うんだ「君たちは僕をいつも笑わせてくれるね!」て。そして。星達は君のことを面白い、て思うんだ。それは、君に対してはトリックなことだね。

“And when your sorrow is comforted (time soothes all sorrows) you will be content that you have known me. You will always be my friend. You will want to laugh with me. And you will sometimes open your window, so, for that pleasure . . . And your friends will be properly astonished to see you laughing as you look up at the sky! Then you will say to them, ‘Yes, the stars always make me laugh!’ And they will think you are crazy. It will be a very shabby trick that I shall have played on you…”

Antoine de Saint-Exupéry, The Little Prince

彼女は自分の香りや輝きを僕にふりかざした。彼女の元を去るべきではなかったのに、、、彼女の小さな言動の裏に隠された全ての愛情をもっと考えないといけなかったのに。花は矛盾だらけだ!でも、彼女を愛する方法を知るには、僕はまだ幼すぎたんだ、、、

“She cast her fragrance and her radiance over me. I ought never to have run away from her… I ought to have guessed all the affection that lay behind her poor little stratagems. Flowers are so inconsistent! But I was too young to know how to love her…”

Antoine de Saint-Exupéry, The Little Prince

星の王子さまはキツネを飼いならした。そして、彼の出発の時間が近づいてきたとき、、、

“So the little prince tamed the fox. And when the hour of his departure drew near–

キツネは「僕、泣いちゃうよ。」と言った。

Ah,” said the fox, “I shall cry.”

君の責任だよ、と星の王子さまは言った。君を傷つけたくなかったけど、君は僕と仲良くしたかったんだから。

It is your own fault,” said the little prince. “I never wished you any sort of harm; but you wanted me to tame you . . .”

キツネは「そうだよ。」と言った。

Yes, that is so,” said the fox.

でも、君は今もう泣くんだろ!星の王子さまは言った。

But now you are going to cry!” said the little prince.

キツネは「そうだよ。」と言った。

Yes, that is so,” said the fox.

それじゃ、何も役に立たないね!

Then it has done you no good at all!”

僕には役に立ったよ、麦畑の色のおかげでね。キツネは言った。

It has done me good,” said the fox, “because of the color of the wheat fields.”

Antoine de Saint-Exupéry, The Little Prince

キツネを思い出した。人は、かけがえのない存在ができると、泣いてしまう事がある。

“I remembered the fox. One runs the risk of crying a bit if one allows oneself to be tamed.”

Antoine de Saint-Exupéry, The Little Prince

誰かが頬を赤く染めたら、それは「はい。」という意味?

“When someone blushes, doesn’t that mean ‘yes’?”

Antoine de Saint-Exupéry, The Little Prince

彼にどうやったら届くのか、どうやって追いつけるのか、知らなかった。涙の国は実に不思議だ。

“I did not know how to reach him, how to catch up with him… The land of tears is so mysterious.”

Antoine de Saint-Exupéry, The Little Prince

私はたくさんの大人の間で生きてきた。彼らを近くで密に見てきた。彼らについての私の意見はあまり変化がなかった。

“I have lived a great deal among grown-ups. I have seen them intimately, close at hand. And that hasn’t much improved my opinion of them.”

Antoine de Saint-Exupéry, The Little Prince

まとめ

星の王子さまの名言まとめ36選英語と和訳で紹介でした!

いかがでしたでしょうか?

星の王子さまの英語のニュアンスを日本語で理解できたら素敵ですね!

ではでは、hope you enjoy learning English!

By for now. See you somewhere in the world!

KENTI

ps、

英語学習や海外移住に大切な想いや考え方をより詳しく無料のメルマガではシェアしています。実体験から、本気の想いをお届けしているのでぜひチェックしてみてくださいね。

 

Sponsored link

英語についてや人生相談はLINE公式からお返事をしています〜!

英語や留学で夢を叶えたい人・自由に生きたい人の応援をするのが好きで相談に乗っています。単純に夢を追いかける人が大好きです。LINE公式ではブログでは発信をしていない海外生活や英語についての考えをシェアしています。お友達になってもらっても通知が来ないので、スタンプだけでも送ってくれたら嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

小中高と不登校で人生終わった→AUS留学で英語と海外の魅力を感じる→18歳で0から英語を勉強開始→AUS大学を卒業すると同時に永住権取得!▶︎元留学カウンセラー▶︎IELTSスコア8▶︎AUS在住歴10年▶︎留学で英語と出会い人生を変えた人。英語や留学で夢を叶えたい人を全力で応援!夢を追いかける人が大好きです。大の旅好き。