英語の勉強はもう遅い?年齢で英語学習は無理にはならない話

英語についてや人生相談はLINE公式からお返事をしています〜!

けんてぃ
こんにちは、けんてぃです。

僕の自己紹介はこちらをご覧ください。

 

先日こんなツイートをしました。

『英語を学ぶのには遅すぎますか?年齢を言ったらびっくりされるかもしれません。』英語コーチをしていて何度か言われたことがある言葉です。正直、心が痛みます。僕は英語を学び始めるのに遅すぎる年齢などないと信じています。事実、僕が英語を学び始めたのも高校を出てから。周りに流されちゃダメ。

これまで僕が英語コーチングをしてきた経験からも度々、英語学習と年齢の関係性は話題に上がります。「もう30代だから英語学習は遅いのでしょうか?」「本当は英語を学びたいのだけれども、もう歳だから悩んでいます…。」こんな言葉を聞くたびに僕はとても寂しい思いになってきました。 

きっとこの記事を読んでくれているあなたは、同じようなお悩みを抱えている英語学習者さん、もしくは英語を学びたいと考えている人なのかもしれませんね。実は昔の僕も同じような立場にいました。そんな実体験から本音で「英語の勉強はもう遅い?年齢で英語学習は無理にはならない」というテーマでお話をしていきたいと思います。

英語の勉強はもう遅い?年齢で英語学習は無理にはならない

まず結論から申し上げておきたいのですが、年齢にかかわらず何歳から英語学習を開始したとしても英語をできるようになる人とならない人がいます。答えを先に入ってしまいましたが年齢は関係がありません。年齢以外の要素の方が大切だったりします。

 

実際に僕自身の英語学習経験や英語コーチング経験からお伝えをしているので、このことについては胸を張って自信を持ってお伝えすることができます。

 

きっと、これを読んでくれているあなたは、「なるほどなぁ、そうは言うけれど年齢が上がると物覚えも悪いし、難しくなってしまうのでは?」とお考えになるかもしれませんね。確かに記憶力などは年齢が若い方が有利と言えるのかもしれません。ですが英語学習において記憶力というのは様々な要素の中のたった一つに過ぎません。英語は暗記科目ではないからです。

 

事実世の中には30歳以降、いや、もっとお歳を召されてから本格的に英語学習を開始されて英語をネイティブレベルまでマスターされた方々が存在されます。可能性は0では無いのです。

30歳以降に英語を始めた著名人

ここで、30歳を超えてから英語学習を開始されて英語を流暢に使われている著名人をご紹介します。

  • 中村修二さん(ノーベル賞受賞者)35歳から
  • 村上憲郎さん(元グーグル副社長)31歳から

中村修二さんの英語はこちら

 

Nobel Prize Winner Prof Nakamura Talks un-cut 3(14/10/08)

 

村上憲郎さんの英語はこちら

 

【11月4日オリジナル音声】Googleエリック・シュミット氏が語る「インターネットの未来と私たちの働き方」( English )

いかがでしょうか?30歳を超えて英語学習・英会話を始めてもこのようにネイティブとの対談やインタビューを対等に自信を持って行うことができると言う証明にはならないでしょうか?

こうお伝えしても、「なかなか自信が持てない、信じられない」と言う人は、「そんな人たちは特別頭が良かったのでは?才能があったのでは?」と思ってしまうかもしれませんね。確かに英語に向き不向きはあります。けれども英語は言語です、日本人で日本語が話せない人がいないように、正しい方向に正しい努力を継続して行うことさえできれば誰でもマスターできるのが英語です。

 

また、手前味噌でお恥ずかしいお話でははありますが、僕自身高校を卒業する間際の18歳まで、まともに英語を勉強をしたことはありませんでした。文字通りアルファベットの A から Z までも言う事が出来ませんでしたし、英語の質問の基本形である5W1Hすら理解できませんでした。(大げさではなく、本当にそのレベルからのスタートでした。)

 

けれども今では、ネイティブに間違えられるほどの英語力を身につけることができました。英語を始めるのには遅すぎることはないということをぜひ知ってほしいです。また、それでも信じられなくても、あなたにとって英語を始めるのが遅いかどうかはあなたが決めるべきです。極論となりますが、あなたが遅くないと信じる限り英語を学ぶのに遅すぎることはありません。

年齢によるメリット・デメリット

英語を学ぶのに遅すぎることがないというのは分かったけれども、「やはり若い時のようにはいかないのでは?若い人と比べると英語学習が不利になるのでは?」と気になってしまうこともありますね。確かに年齢によって変化が出るということには間違いがありません。ここで、英語学習の年齢におけるメリット&デメリットについて考えてみましょう。

メリット

年齢が上がったことによるメリットも少なからずあると僕は信じています。英語を学ぶ環境や方法など選択肢が広がるのは大人の強みではないでしょうか?子供の時であれば、自分の親がすすめる学習を方法などに従うしか選択肢はありませんし、その方法や教材が自分に合っているあっていないに関わらず、それしか方法がなくなってしまいます。逆に大人であればある程度資金面にも余裕があり、自分で何をするのかを選ぶことができるので、より柔軟に自分に適した環境や方法、教材を選ぶことができると言えるのではないでしょうか?

  • 学習方法が選べる
  • 資金面で余裕がある
  • 好きな場所・好きな教材を選べる

 

デメリット

年齢が上がったことによるデメリットばかりに目がいってしまう人もいるのではないでしょうか?ここで説明するまでもなくネガティブなイメージをたくさん持っている人もいるかもしれませんね。例えば、身体能力の衰え・低下が起こってしまうのは仕方がないとはいえ、英語を身につける上では足枷のように感じてしまいますよね。僕はいつも「英語は音楽やスポーツ」に似ているとお伝えをしています。 なぜなら感覚の部分で理解をして自分の体を上手に使いこなすことが必要不可欠だからです。そういった観点からも年齢が上がることによる身体能力の衰えはどうしてもデメリットと言えるでしょう。例えば、

  • 聴覚
  • 表情筋力
  • 記憶能力

などなど、

若いうちの感覚が研ぎ澄まされている方が素直に英語の音や感覚の吸収がしやすかったり、英語の発音を上手にするための身体の動かし方や呼吸方法を身につけやすいということが言えます。

ただ、個人的に思う、英語力向上に一番必要な能力は「環境適応能力」や「柔軟性」です。何故なら、英語を第二言語として身につける、すなわち、快適ではない環境に身を置いてそこに適応していく力を求められるからです。慣れ親しんできた生活環境を飛び出して、ガラッと一変させてそこに適応する能力を求められるのです。こちらの能力に関して言うと、確かに比較的、年齢の若い人の方が優れた「環境適応能力」や「柔軟性」を持っている人が多いかも知れません。しかし、年齢を重ねたとしても、考え方や意識の持ち方によって「環境適応能力」や「柔軟性」を高めることは可能だと考えます。

僕の実体験より

(18歳で英語力0で海外に飛び出した時の僕です。オーストラリア・メルボルンの国立公園にて。)

 

ここで僕の実体験を踏まえて、「なぜ僕が英語を始めるのに遅すぎることはない」と考えるのかをお話しします。

僕が10代の頃、留学生時代のお話です。

英語力0で初めて、オーストラリアに海外留学に飛び出した当初、お恥ずかしいですが、僕は「英語なんてできるようになる訳ないじゃん。」と思っていました。どれだけ英語のクラスに参加しても、ちっとも聞き取れるようにならないし、「本当に英語力なんて伸びているのかな?」と思ってしまっていたんです。そんな時に、出会った一人のクラスメートが僕に大切なことを気づかせてくれました。

それは50代のイタリア人クラスメートとの出会いでした。彼女は、「ずっと英語を学びたかったけれど、結婚をして子育てをしていたからこれまでなかなか時間がなかった。今、英語が学べることが楽しくてしょうがない!ずっとやりたかった夢が叶った!」と楽しそうに僕に話してくれました。まだまだ「日本の常識」的に、「年齢が上がったら英語を学ぶのは遅いもの」だと信じ込んでいる自分がいたことに気づいたんです。彼女のその発言を聞いた時が僕の人生の分岐点でもありました。

僕自身、当時18歳でしたがそれまで本当にまともに英語を勉強したことがなく、「この歳になって本腰を入れて英語を学ぶことは遅すぎる」「こんな歳になってから英語を始めるのは恥ずかしい」と本気で思っていたんです。

 
僕が実体験から思うこと、それは、Never too late to study English or do whatever you want to do in your life.(英語でもなんでも人生でやりたい事をするのに遅すぎることは無い)と言ううことです。
 
『遅すぎること・いまさら?』、、、なんてないんじゃないの?というお話を僕の英語コーチングの実体験からもう一つご紹介させてください。
 
僕は人生何事も、「やりたいと思った時が最高のベストタイミング」だと僕は信じています。
 
英語コーチとして日々レッスンをさせて頂いております。昨日、レッスンを受けていただいた方は初めからお歳をすごく気にされており、「レッスンの時にけんてぃさんがびっくりされるかもしれません。」「私はこんな歳なのに、、、」としきりに年齢や人生のタイミングを気にされていました。僕は、ぶっちゃけ年齢で判断することはありません。また自分が年齢で判断されることも好きではありません。
 
実は、僕が18歳の時に本気で英語を身につけよう!と決心をした時にも同じように、『いまさら英語?!』『ちょっと英語始めるのは遅いんじゃない、、、?』と面と向かって僕にいう人が何人かいました。その時の正直な気持ちは、『??どうしてそんな風に考えるんだろう?』と素直に不思議に思いました。
 
何故なら、僕にとっては『やりたいからやる』というとてもシンプルな考え方であり、ただ『自分の心に従って生きる』というだけの話だったからです。周りの同年代の人が何をしているか?は正直、僕には関係がなかったんです。僕の人生ではありませんから。
 
『早すぎる、遅すぎる』という発言は日本や日本人の人からよく聞きますが、オーストラリアで生活をしていると不思議とあまり聞かない表現です。それは、年齢を気にしすぎる日本人独特の価値観と言えるのかもしれません。この年齢では、こういう状態であるべきだ!という価値観や思い込みが強いのです。
 
あなたの人生『やりたいことをやりたいと思った時にやりたいようにやれること』ほど幸せなことはないと思います。逆に、周りに止められて『本当は心からやりたいのにやらないこと』ほど寂しくて残念なことはありません。英語に関しても、それは同じことが言えると思います。
 

英語初心者からのオススメ学習方法

オススメの学習方法…それはズバリ、英語のアウトプット学習です。

僕が声を大にしてオススメしたい英語の学び方は、アウトプット重視の学習方法です。

ぜひこちらのリストを参考にしてみてください。

  • 音読
  • スピーチ
  • 歌を歌う
  • シャドーイング
  • ディクテーション
  • オーバーラッピング
  • 英単語を文章で声に出して覚える(すぐに使う)
  • 意識を高め合える仲間と英語で話す(コミュニティへの所属)

詳しくはこちらの記事で解説しているのでぜひ読んでみてください。

↓↓↓

【英語勉強方法おすすめ】初心者がすべき&するべきでない学習方法を解説

2020年10月13日

まとめ

英語を学ぶことに遅すぎることはない、年齢で諦めるべきではないと言うのが僕の考え方です。

いかがでしたでしょうか?最後まで読んでくださってどうもありがとうございます。

どうか、みなさんが英語を通じてより幸せで楽しい人生を歩めますように!

By for now. See you somewhere in the world!

KENTI

ps、

英語学習や海外移住に大切な想いや考え方をより詳しく無料のメルマガではシェアしています。実体験から、本気の想いをお届けしているのでぜひチェックしてみてくださいね。

メルマガ登録はこちら

Sponsored link

英語についてや人生相談はLINE公式からお返事をしています〜!

英語や留学で夢を叶えたい人・自由に生きたい人の応援をするのが好きで相談に乗っています。単純に夢を追いかける人が大好きです。LINE公式ではブログでは発信をしていない海外生活や英語についての考えをシェアしています。お友達になってもらっても通知が来ないので、スタンプだけでも送ってくれたら嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

小中高と不登校で人生終わった→AUS留学で英語と海外の魅力を感じる→18歳で0から英語を勉強開始→AUS大学を卒業すると同時に永住権取得!▶︎元留学カウンセラー▶︎IELTSスコア8▶︎AUS在住歴10年▶︎留学で英語と出会い人生を変えた人。英語や留学で夢を叶えたい人を全力で応援!夢を追いかける人が大好きです。大の旅好き。