オーストラリアの英語の訛りの特徴は?【アクセントを永住者が解説】

英語についてや人生相談はLINE公式からお返事をしています〜!

こんにちは、けんてぃです。

 

これまでに、たくさんの留学・英語学習の相談を受けてきました。その中でも特に、オーストラリア英語に関する質問がたくさんありました。

 

「独特のアクセントがオーストラリアにはあると聞きましたが、どんな英語ですか?」

「オーストラリア英語には変わった訛りがあると聞きましたが、本当ですか?」

「オーストラリアに留学すると変なアクセントが身につかないか心配です。」

 

などなど、メッセージを頂きてきました。

 

そこで今回は、オーストラリアに実際に住んでいる僕がオーストラリア英語とはどんな英語なのか?訛りとはなんなのか?どんなアクセントなのか?について解説したいと思います。

オーストラリア英語の特徴は?

オーストラリア英語発音の特徴は母音が強いこと。日本語の「あいうえお」をしっかりと出す発音なので日本人には親しみやすいアクセントだと思います。例えば、有名なG’day!も「グダァィ!」という感じでカタカナっぽく言ってもかなりそれっぽい発音になる。数ある英語訛りの中でも明るく能天気に聞こえるPOPなアクセントです。

正直に本音でお話をします。

 

僕が昔、留学カウンセラーとして留学生のカウンセリングをしていた時にも、「変な発音なんですよね?」と言ったオーストラリア英語に対する偏見とも言える、ネガティブよりなイメージをもつ人たちからご相談?やお問い合わせを頂いてきました。

 

ぶっちゃけ、アメリカ英語が普通・スタンダードのようになっていますが、英語はもともとイングランド(イギリス)の言葉です。

 

厳密に言えばスタンダードなのは、イギリス英語であって、その影響を色濃く受けているオーストラリア英語はスタンダードに近いと言えます。

 

なので、ネガティブなイメージやとらえ方をする人はネイティブにはいません。

日本でも方言(dialect)がありますが、方言をネガティブなイメージでこの方言はダメ、と捉える人はあまりいないのでは?

むしろ、ユニークでスペシャルな感じがして魅力となることが多いように感じます。

僕はそんな魅力を感じている、オーストラリア英語についてお話をします。

オージー英語の独特の表現は?

AUS英語独特の表現

  • Afternoon → Arvo
  • Fantastic → Ripper
  • Breakfast → Brekkie
  • Really → Fair dinkum
  • A cup of tea → Cuppa
  • Sunglasses → Sunnies
  • McDonald’s → Maccas
  • How are you? → How you going?

    他の英語圏の人でも理解できない表現がある。
    あなたは何個分かりますか?

  • Afternoon → Arvo

午後のことです。オーストラリア 英語によくある短縮形にすることで、アーヴォとなります。

  • Fantastic → Ripper

素晴らしい、という意味の単語が、リッパになります。例えば、素晴らしい1日を!という表現がHave a ripper day! となります。

  • Breakfast → Brekkie

朝食も短縮形で、ブレーキーになります。

  • Really → Fair dinkum

本当、本当?という表現が、フェアディンカムとなります。

  • A cup of tea → Cuppa

いっぱいのお茶(紅茶)という表現が、カッパァになります。

  • Sunglasses → Sunnies

サングラスはサニーズです。

  • McDonald’s → Maccas

マクドナルドは、マッカスになります。

  • How are you? → How you going?

元気ですか?はHow you going? で、「どう行きますか?」という言い方にもなります。

どんなフレーズがあるの?

オーストラリア英語表現

  • Dead set!
  • Fair dinkum!
  • Struth mate!
  • How you going?
  • Have a ripper day!
  • Had maccas for tea.
  • See you this arvo! 1 ish?
  • Went to servo after barbie.
  • Want some choccy bickies?
  • Bring togs and thongs today.
  • I met the bloke at the bottle-o.

    あなたは何個理解できますか?

  • Dead set!

本当だよ!真実!

  • Fair dinkum!

本当だよ!正しいこと!

  • Struth mate!

本当だよ!マジほんと!

  • How you going?

調子はどう?

  • Have a ripper day!

素晴らしい1日を!

  • Had maccas for tea.

晩御飯はマクドナルドだった!

  • See you this arvo! 1 ish?

午後に会おうね〜!だいたい1時くらい? ish は15分前後を表します。

  • Went to servo after barbie.

バーベキューの後にガソリンステーションに行った。

  • Want some choccy bickies?

チョコレートビスケットはいる?

  • Bring togs and thongs today.

今日は水着(togs)とビーチサンダル(thongs)を持ってきてね。

  • I met the bloke at the bottle-o.

その男性(bloke)に酒屋さん(bottle-o)で会った。

どんな英語発音なの?

オーストラリア英語発音の特徴

  • 声が低くこもっている声色
  • アメリカやカナダ英語と比べるとRの音が弱い
  • 母音が強い、「アィ」「エィ」「オィ」など
  • 「ア」の音が特に強い、デェータ→ダァータなど
  • 単語を短縮させることが多く、ieを語尾につける

    とても明るくて陽気な響きのある素敵な英語アクセントです。

オーストラリア英語は日本人にとって比較的やさしい英語だと思います。なぜなら、母音の発音が日本語のカタカナに近いので、数ある英語アクセントの中でリスニングも発音もしやすいからです。「あいうえお」の音が日本語に近くてアメリカ英語等と比べると音の響きが似ている。つまり、他の英語アクセントと比べると難易度が低めで学びやすいと思います。

まとめ

僕が英語を話すとありがたいことに「かっこいいです」・「憧れます」といったコメントを頂きます。しかし、その後でオーストラリア英語って変な訛りがあるんですよね?おかしい発音を学ばないか心配です、ときます。あれ?先ほど褒めていただいた僕の英語はオーストラリア英語ですよ〜、となります。笑

オーストラリア英語について語ってみましたが、個人的には大好きな慣れ親しんだ英語です。

オーストラリアの英語の音の学び方についてはこちらの記事でも書いているので読んでみてくださいね。

【オーストラリア英語】リスニング対策用のおすすめ教材を現地在住者が紹介

英語学習に大切な想いや考え方をより詳しく無料のメルマガではシェアしています。ぜひチェックしてみてくださいね。

メルマガ登録はこちら

質問や感想、ご相談はこちらから。

    By for now. See you somewhere in the world!

    KENTO

    Sponsored link

    英語についてや人生相談はLINE公式からお返事をしています〜!

    英語や留学で夢を叶えたい人・自由に生きたい人の応援をするのが好きで相談に乗っています。単純に夢を追いかける人が大好きです。LINE公式ではブログでは発信をしていない海外生活や英語についての考えをシェアしています。お友達になってもらっても通知が来ないので、スタンプだけでも送ってくれたら嬉しいです。

    ABOUTこの記事をかいた人

    小中高と不登校で人生終わった→AUS留学で英語と海外の魅力を感じる→18歳で0から英語を勉強開始→AUS大学を卒業すると同時に永住権取得!▶︎元留学カウンセラー▶︎IELTSスコア8▶︎AUS在住歴10年▶︎留学で英語と出会い人生を変えた人。英語や留学で夢を叶えたい人を全力で応援!夢を追いかける人が大好きです。大の旅好き。