マニー・パッキャオの名言を英語と日本語で解説16選【ボクシング】

英語についてや人生相談はLINE公式からお返事をしています〜!

けんてぃ
こんにちは、けんてぃです。

僕の自己紹介はこちらをご覧ください。

マニー・パッキャオは、フィリピンのプロボクサー、政治家、フィリピンプロバスケットボールリーグのバスケットボール選手兼ヘッドコーチ。本名エマヌエル・ダピドゥラン・パッキャオ 。ブキドノン州キバウェ出身。パッキアオ、パキャオとも表記される。 史上2人目の6階級制覇王者を成し遂げた人物。元WBC世界フライ級王者。 ウィキペディアより

フィリピン出身の伝説的なボクシング選手といえばパッキャオですよね。彼はボクサーとしてのみならず政治家やバスケットボールチームの監督としても活躍をしています。自分の国であるフィリピンのためや家族のためにボクシングを続けながら一生懸命に働く彼の名言からたくさんの人生教訓を学ぶことができます。英語と日本語で使用していきたいと思います!

マニー・パッキャオの名言を英語と日本語で解説16選

身の回りにいてくれる人達は誰もが成功への橋の役割をしてくれている、だからみんな大切な人たちなんだ。マニー・パッキャオ

 “All those who are around me are the bridge to my success, so they are all important.” – Manny Pacquiao

トレーニングは簡単にするべきじゃない。きつくするんだだから上手になれるんだよ。マニー・パッキャオ

 “Don’t make training easy. Make it harder so that you will get better.” – Manny Pacquiao

僕はここに戦い来た。最善を尽くした、それで良いじゃないか。マニー・パッキャオ

 “I came to fight. I did my best and I think that’s enough.” – Manny Pacquiao

自分が小さな頃、一日一食しか食べられなくて道で寝なきゃいけなかったことをを未だに覚えている。それを忘れることはないしそれが未だに一生懸命戦う原動力をくれる、だから強くなれるし一生懸命に生活をしている自分の国の人たちのこと想うことができる。マニー・パッキャオ

 “I remember as a little boy I ate one meal a day and sometimes slept in the street. I will never forget that and it inspires me to fight hard, stay strong and remember all the people of my country trying to achieve better for themselves.” – Manny Pacquiao

ボクシングをしている時は練習もいつも楽しい。きっと僕にとってボクシングは情熱を傾ける存在だからだと思う。マニー・パッキャオ

 “I’m always having fun in training and in boxing. I think it’s because boxing is my passion.” – Manny Pacquiao

僕はただ一生懸命に人々を幸せにしようとしてるだけ。マニー・パッキャオ

 “I’m just doing my best to make people happy.” – Manny Pacquiao

ただのゲームさ。勝つ時もあれば負ける時もある。マニー・パッキャオ 

“It’s just a game. Sometimes you win, sometimes you lose.” – Manny Pacquiao

僕にとっての成功とはお金持ちになって有名になることではない。自分にとっては神様との関係の方が大事、それが一番大切なことなんだ。マニー・パッキャオ

 “My success is not about wealth and fame. I am most concerned with my relationship to God, which is the most important.” – Manny Pacquiao

誰か個人を相手にしてるわけじゃない。ただ僕は一生懸命に自分がやれることをやってるだけ。マニー・パッキャオ

 “Nothing personal. I am just doing my job.” – Manny Pacquiao

信じ込むこと、それが勝つことへのモチベーション。マニー・パッキャオ

 “Faith is my motivation to win.” – Manny Pacquiao

チャンピオンでいながら公務員でいることだってできるんだよ。マニー・パッキャオ

 “I can be a champion and a public servant.” – Manny Pacquiao

僕はこれを自分の家族と国のためにやってる。マニー・パッキャオ

 “I’m doing this for my family and my country.” – Manny Pacquiao

物質的な話じゃないんだ、これは国に栄光を持ち帰るということ。マニー・パッキャオ

 “It’s not about material things, it’s about the honor that I’m bringing to the country.” – Manny Pacquiao

台本なんていらないよ。心の深い底から話すだけでいいんだ。簡単なことだよ。マニー・パッキャオ

 “No notes. You speak from deep in your heart. It’s easy.” – Manny Pacquiao

世界チャンピオンになりたかったんだ。マニー・パッキャオ 

 “I wanted to be a world champion.” – Manny Pacquiao

僕は人生はとてもシンプルなものだと信じてる至って普通の人間だよ。そしてシンプルな人生が好きなんだ。マニー・パッキャオ

 “I’m just a regular person who believes life is simple, and I like a simple life.” – Manny Pacquiao

まとめ

いかがでしたでしょうか?

アジア人ボクサーとして世界を舞台に偉業を成し遂げたレジェンドであるパッキャオが言うからこそ言葉の重みが違いますよね!是非彼の素敵な名言をあなたの人生に活かしてみてくださいね!

ではでは、hope you enjoy learning English!

By for now. See you somewhere in the world!

KENTI

ps、

英語学習や海外移住に大切な想いや考え方をより詳しく無料のメルマガではシェアしています。実体験から、本気の想いをお届けしているのでぜひチェックしてみてくださいね。

メルマガ登録はこちら

Sponsored link

英語についてや人生相談はLINE公式からお返事をしています〜!

英語や留学で夢を叶えたい人・自由に生きたい人の応援をするのが好きで相談に乗っています。単純に夢を追いかける人が大好きです。LINE公式ではブログでは発信をしていない海外生活や英語についての考えをシェアしています。お友達になってもらっても通知が来ないので、スタンプだけでも送ってくれたら嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

小中高と不登校で人生終わった→AUS留学で英語と海外の魅力を感じる→18歳で0から英語を勉強開始→AUS大学を卒業すると同時に永住権取得!▶︎元留学カウンセラー▶︎IELTSスコア8▶︎AUS在住歴10年▶︎留学で英語と出会い人生を変えた人。英語や留学で夢を叶えたい人を全力で応援!夢を追いかける人が大好きです。大の旅好き。