スティーブン・スピルバーグの名言を英語と日本語で紹介23選

英語についてや人生相談はLINE公式からお返事をしています〜!

けんてぃ
こんにちは、けんてぃです。

僕の自己紹介はこちらをご覧ください。

スティーヴン・スピルバーグ は、アメリカ合衆国の映画監督、映画プロデューサー。アメリカ映画アカデミー会員。大英帝国勲章 受章。フォーブスの「アメリカで最も裕福なセレブリティ」2位の人物である。2018年には総興行収入が100億ドルを超えた初めての映画監督となった。 ウィキペディアより
 
アメリカを代表するハリウッド映画の巨匠監督といえばスティーブン・スピルバーグですよね!彼はこれまでに映画のセリフやインタビューの中で数々の名言を残してきました。彼の人生論とも言える深い言葉の数々に思わず、感動&納得してしまう事は間違いなし。この記事ではそんな彼の英語の格言を日本語訳とともにおすすめ23選でご紹介します。
 

Contents

スティーブン・スピルバーグの名言を英語と日本語で紹介23選

毎回映画に行くときは魔法のようだ、どんな映画であったとしてもね。

Every time I go to a movie, it’s magic, no matter what the movie’s about.

どうして本のしおりのために1ドル硬貨を使うんだい?1ドル硬貨を本のしおりとして使ったらどうなんだい?

Why pay a dollar for a bookmark? Why not use the dollar for a bookmark?

戦争が来たら二つのことが起こるんだ、利益がどんどん上がって、生鮮食品はどんどん減っていく。そこに奴らのためのマーケットが生まれるんだよ。

When war comes, two things happen – profits go way, way up and all perishables go way, way down. There becomes a market for them.

何かプロジェクトに取り組んでいるときはあまり自分自身の内側については見ることはないんだよ。なんであれ僕のなったその時の状態がその時の映画なのさ。僕も変わるし、君も変わるだろ。

You know, I don’t really do that much looking inside me when I’m working on a project. Whatever I am becomes what that film is. But I change; you change.

1月に1回、空が僕の頭に落ちてくる、そんな時が来て、次に作りたい映画がどんなものか見えるんだよ。

Once a month the sky falls on my head, I come to and I see another movie I want to make.

お金を稼ぐことには正直あまり興味がない。

I’m not really interested in making money.

大衆というのは創造性に関してならどんなことでも飢えているものさ、どんなものであろうと想像できる限り現実から離れているものにね。

The public has an appetite for anything about imagination – anything that is as far away from reality as is creatively possible.

どんな映画も、本も、芸術であっても、今日における中東のこう着状態を解決できることはないだろう。それでも、挑戦をする価値は大いにある。

I don’t think any movie or any book or any work of art can solve the stalemate in the Middle East today. But it’s certainly worth a try.

セシル・Bになりたいんだ。サイエンスフィクション界のデミルになりたいんだ。

I want to be the Cecil B. DeMille of science fiction.

私たちは誰もが毎年、違う人として生きている。僕は、人間が生きるうち一生の間ずっと同じ人間でいるとは思わないんだ。

All of us every single year, we’re a different person. I don’t think we’re the same person all our lives.

全ての良いアイデアは悪いアイデアとして始まる、だから時間がかかるんだよ。

“All good ideas start out as bad ideas, that’s why it takes so long.”

お金を稼ぐことにはあまり興味がないんだよ。いつも成功の結果としてついてくるからね。でもそれは僕のゴールじゃないんだ、そしてそれが本当だということを人々に証明することに苦労してきたよ。

“I’m not really interested in making money. That’s always come as the result of success, but it’s not been my goal, and I’ve had a tough time proving that to people.”

夜は夢を見ないんだ、昼に夢を見る、1日中夢を見ているんだ、一生夢を見続けているんだ。

“I don’t dream at night, I dream at day, I dream all day; I’m dreaming for a living.”

これまで、いつでも望みは捨てないようにしてきた、僕がそういう事に驚く人はそういないだろう。自分を楽観的と呼ぶのは好きじゃない。いつだって望みいっぱいだったと言いたい。それを失った事はないんだ。この国や世界中に対してたくさんの希望を持っているんだよ。

“I’ve always been very hopeful which I guess isn’t strange coming from me. I don’t want to call myself an optimist. I want to say that I’ve always been full of hope. I’ve never lost that. I have a lot of hope for this country and for the entire world.”

この機会は、私たち全員により大きなチャンスのドアを開かせることができるように手を伸ばすことができるようにしてくれる。

“This opportunity … allows all of us to reach out directly to open a much wider door.”

年老いたとしても、私がやっていることが古くなる事はない、そしてそれが私を飢えたままでいさせてくれる。

“Even though I get older, what I do never gets old, and that’s what I think keeps me hungry.”

成功だろうと失敗だろうと、監督を務めた一つ一つ全ての映画に誇りを持っているよ。

“Whether in success or in failure, I’m proud of every single movie I’ve directed. ”

君には私たちが想像できないほどのすごい夢を作り上げることができる時間が残されている。この星の集合的無意識に対して自分が思っている以上のことをしてきたんだよ。

“You have many years ahead of you to create the dreams that we can’t even imagine dreaming. You have done more for the collective unconscious of this planet than you will ever know.”

誰かを教授するという事はあなたのイメージ通りにその人を変えていくということではなく、その人に自分らしさを作っていく機会をあげるというデリケートなバランスなんだよ。

“The delicate balance of mentoring someone is not creating them in your own image, but giving them the opportunity to create themselves.”

僕の想像力が止まる事はないんだ。朝起きて興奮しすぎていて朝ごはんが食べられない。力尽きたことがないんだ。

“My imagination won’t turn off. I wake up so excited I can’t eat breakfast. I’ve never run out of energy.”

君の映画について夢見るべきではない、映画を作るんだよ!

“You shouldn’t dream your film, you should make it!”

私たちのゴールは世界に平和、友情や理解するといったことを、「人生を祝う芸術」であるビジュアルアートを通して触れさせてあげるということ。

“Our one goal is to give the world a taste of peace, friendship, and understanding through the visual arts, the art of celebration of life.”

時として、夢はささやくんだよ…叫びはしない。聞き取る事は簡単ではない。だから、毎日の人生で耳に聞こえてくるささやきを聞き取れるように準備をしておかなければいけない。

“Sometimes a dream almost whispers… it never shouts. Very hard to hear. So you have to, every day of your lives, be ready to hear what whispers in your ear. ”

まとめ

スティーブン・スピルバーグの名言を英語のニュアンスで理解できたら素敵ですね!

ではでは、hope you enjoy learning English!

By for now. See you somewhere in the world!

KENTI

ps、

英語学習や海外移住に大切な想いや考え方をより詳しく無料のメルマガではシェアしています。実体験から、本気の想いをお届けしているのでぜひチェックしてみてくださいね。

メルマガ登録はこちら

Sponsored link

英語についてや人生相談はLINE公式からお返事をしています〜!

英語や留学で夢を叶えたい人・自由に生きたい人の応援をするのが好きで相談に乗っています。単純に夢を追いかける人が大好きです。LINE公式ではブログでは発信をしていない海外生活や英語についての考えをシェアしています。お友達になってもらっても通知が来ないので、スタンプだけでも送ってくれたら嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

小中高と不登校で人生終わった→AUS留学で英語と海外の魅力を感じる→18歳で0から英語を勉強開始→AUS大学を卒業すると同時に永住権取得!▶︎元留学カウンセラー▶︎IELTSスコア8▶︎AUS在住歴10年▶︎留学で英語と出会い人生を変えた人。英語や留学で夢を叶えたい人を全力で応援!夢を追いかける人が大好きです。大の旅好き。