英語コーチになるには?方法は?コーチング資格は必要?

英語についてや人生相談はLINE公式からお返事をしています〜!

けんてぃ
こんにちは、けんてぃです。

僕の自己紹介はこちらをご覧ください。

自分の英語力を生かして英語コーチになりたいけど具体的にどうしたらいいの?

 

英語コーチという職業に憧れているけどまず何をしたらいいんだろう?

 

英語コーチになるにはどんなステップを踏めばいいの?

 

具体的に目に見える商品やサービスではない英語コーチング

 

グローバル化が進む世の中で世界に通用する英語力というのはこれまで以上に求められている社会人としての必須スキルの一つとなりつつあります。

 

そんな世界に羽ばたきたい世界で活躍した日本人の人をサポートする英語コーチ。

 

英語コーチになりたいという需要も増えてきています。

 

しかし英語コーチに具体的にどうやってなったらいいのかといった情報はなかなか見つかりづらく不透明なところもありますよね。

 

今回はそんな英語コーチになるにはどうしたらいいのか?というテーマについて海外在住英語コーチである僕けんてぃが僕なりの見解をシェアしてみたいと思います。

できるだけ専門用語や難しいお話を省いてお話をしていますが、文章で読むことが難しいなと感じられる方は Stand FM のラジオで音声でも語っているので是非聴いてみてくださいね。

英語コーチになるには?方法は?コーチング資格は必要?

詳しくはスタンドエフエムのラジオでもお話ししているのでぜひ聞いてみてください!

そもそも英語コーチの定義ってなんなの?

英語コーチングとは、個人に専任のコンサルタントがついて短期間で集中的に学習ができる英語レッスン方法のことです。 … そうなった時に目標を思い出すことによって英語学習のモチベーションを維持しやすくなるはずです。 目標を決めたら次に何をするのか… それは、どのように勉強していくか決めることです。

産経オンライン英会話Plus より

 

英語教師とは中学校や高校の英語の先生を指しますが、広い意味では塾や英会話教室などの先生も含まれます。 ほかにも、大人向けの英語教室や会社での講義を担当することもあり、一口に英語教師と言っても仕事の種類は想像以上に幅広いといえるでしょう。 … 自分がどんな英語教師になりたいのかを考え、自分に合った選択をすることが大切です。

EMPS より

英語の先生との違いは?

平たく言ってしまえば、英語の先生は従来の中学校や高校の英語教師をイメージしていただければ大丈夫です。

教科書や授業内容など先生ごとにばらつきが出ないように教育委員会や文部科学省が決めている内容をグループ授業として行うのが英語教師としての役割です。

目指すべき英語力やペース配分などは基本的に学校の先生やその上の教育機関が決めているので、学習の主導権を握っているのは先生であると言えます。

 

一方で、英語コーチングは独自のサービスです。

使用する英語教材や内容などは自由に選ぶことができるのでクライアントさん本人と英語コーチの話し合いをもとに柔軟に決めることができます。(英語コーチがいくつかのおすすめの選択肢として持っておりご提案をするパターンもあります。)

目指したい英語力や学習のペース配分などはクライアントさんと英語コーチが話し合って決めていくので、クライアントさん本人の意向が尊重されやすいです。

 

どちらが良い悪いとは一概に言えず目的やその人に合った英語学習サービスを活用することが大切ですね。

英語コーチってなんだか怪しくない?

正直、これは昔の僕も思ってたので英語コーチを怪しいと思う気持ちはよくわかります。

 

またぶっちゃけて言ってしまえば英語の先生よりも費用が高くなる傾向があるので、怪しいと思われやすいのかもしれません。

 

先ほど先述した通り、英語コーチングとは独自のサービスであり基本的にクライアントさんに合わせたカスタマイズ・オーダーメイドの内容で行うことが多いです。

そういった理由から自然と費用が高くなってしまうということもあります。

 

また英語コーチと一言で言ってもその中にも色々な人が存在します。

英語という言語を学ぶ際にも「リーディング・ライティング・リスニング・スピーキング」と大きく分けても四つの要素があるようにそれぞれに特化した英語コーチというのも存在します。

 

そして英語コーチによっては日本で受講ができる英語力テストの準備をするための英語コーチもいれば、外資系企業や海外で働く日本人の人のスピーキング力をサポートする英語コーチも存在します。

必ずしもこれが英語コーチである、英語コーチとはこういうものである、という定義や意味合いの幅が少し広いのでそういったところがあるので誤解や混乱が生まれたり怪しいと思われてしまう要因となっているのかもしれませんね。 

 

また英語コーチになる際に明確にはっきりと制定されている資格取得が求められていないということも怪しいと感じられる人がいる理由のひとつかもしれません。

英語コーチになるには資格が必要なの?

結論から言ってしまえば、英語コーチになるための資格というものは存在しません。

 

それに近いものとしては英語教員になるための免許であったり、 TOEIC や英語検定・発音検定と呼ばれる英語力を測るテストの高得点であったりします。

 

例えば僕の場合はこういった感じです、

 

📍元海外現地留学カウンセラー

📍オーストラリアで大学を卒業&現地就職そして永住権取得

📍IELTS8.0

英語コミュニティ運営🌏
IELTS7.5以上は、TOEIC990&英検1級合格レベルと言われています。

 

また、上記に加えて僕自身が10代の学生時代から自己投資として英語コーチングや英会話レッスン、英語教材に惜しみなく自分のお金をつぎ込んできたという体験と蓄積があります。

 

そういった知識や経験の蓄積そしてそれらを昇華させることができた上で、周りの人から英語コーチとして認められ今の仕事をしているという流れがあります。

 

僕の周りには英語コーチ仲間がいますが、その多くが海外大学を卒業している経歴があったり、国内外の教育機関で英語を教えていたという経験がある人が多いです。

 

また僕のように本人も実際に英語コーチングを受けて英語力を伸ばしたという人が多いのが特徴です。

 

周りから認められる経験や自己投資があってから英語コーチになるという人が多いですね。

英語のコーチってどんな人がなるの?

こちらも答えから言ってしまえば英語コーチになりたい人がなるというのが極論答えです。

 

必ずしもこうでなければならないというものがない、というのは実情かと思います。

 

しかしながら実力や実績が伴わないのに英語コーチになってしまうと先述したように怪しいと思われてしまうこともありますし、クライアントさんのためにも自分のためにもなりません。

 

当然のことながら、優れた英語力や英語コミュケーション能力を持ち合わせている人であるということ。

そして人のコーチングをするための洞察力や観察力、コーチとして一つの器が求められます。

 

そういったところが備わっている人で英語コーチになりたい人は準備が出来しだい英語コーチになる人がいます。

具体的に英語コーチになるには? 

それでは具体的に英語コーチになるにはどうしたらいいのでしょうか?

 

必ずこの手順を踏んでこの道順をとらなければいけない、というものはありませんが、僕自身の実体験や仲間の英語コーチの話を聞いた経験から僕なりの考えをシェアしたいと思います。 

 

まず当然のことながら絶対的な英語力を持っているということが第一条件です。

 

あくまでおよその目安ですが、最低の下のラインで英語テストであるTOEICのスコア850より上、また英語検定準1級より上の英語力を持っている方。

 

またその次にご自身が「英語コーチングを受けたことがある」という経験は自分が英語コーチになるためにも絶対に活かせます。

 

どんなことでも言えますが、自分が受けたことがないサービスを人に提供するということは難しいです。

 

中にはごく稀にできる人もいますが、そういった人はごく少数と言えるでしょう。

まずは自分が自己投資マインドをもって英語コーチングを受けてみるということがおすすめです。

 

またそういった経験を経て信頼できる英語コーチを見つけたのならば、英語コーチ育成講座をしていないか聞いてみましょう。

信頼できる英語コーチのもとで英語コーチになるためのコーチングを受けるといったイメージです。

 

世の中には英語コーチになるための育成講座を提供している方たちもたくさん見えます。

 

あくまで個人的な意見ですが、いきなり育成講座を受けてしまうよりもまずは自分がその人の英語コーチングを受けてみるということが大事だと僕は感じています。

 

なぜならば当記事で先述の通り、英語コーチによってクライアントさんへのアプローチの方法やメソッドは全然違うからです。

 

あなたがこの人と近いイメージで英語コーチングをしたいと思える人との出会いが大切だと僕は思います。

できるだけ専門用語や難しいお話を省いてお話をしていますが、文章で読むことが難しいなと感じられる方は Stand FM のラジオで音声でも語っているので是非聴いてみてくださいね。

英語コーチになるには?方法は?コーチング資格は必要?

詳しくはスタンドエフエムのラジオでもお話ししているのでぜひ聞いてみてください!

まとめ

英語コーチになるには?方法は?資格は必要?でした!

いかがでしたでしょうか?

人の役に立てる英語コーチになれたら素敵ですね!

ではでは、hope you enjoy learning English!

By for now. See you somewhere in the world!

KENTI

ps、

英語学習や海外移住に大切な想いや考え方をより詳しく無料のメルマガではシェアしています。実体験から、本気の想いをお届けしているのでぜひチェックしてみてくださいね。

 

Sponsored link

英語についてや人生相談はLINE公式からお返事をしています〜!

英語や留学で夢を叶えたい人・自由に生きたい人の応援をするのが好きで相談に乗っています。単純に夢を追いかける人が大好きです。LINE公式ではブログでは発信をしていない海外生活や英語についての考えをシェアしています。お友達になってもらっても通知が来ないので、スタンプだけでも送ってくれたら嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

小中高と不登校で人生終わった→AUS留学で英語と海外の魅力を感じる→18歳で0から英語を勉強開始→AUS大学を卒業すると同時に永住権取得!▶︎元留学カウンセラー▶︎IELTSスコア8▶︎AUS在住歴10年▶︎留学で英語と出会い人生を変えた人。英語や留学で夢を叶えたい人を全力で応援!夢を追いかける人が大好きです。大の旅好き。