メルボルンでバリスタになる方法は?5つのポイントを元バリスタが解説

英語についてや人生相談はLINE公式からお返事をしています〜!

こんにちは、けんてぃです。

昔の僕はこんな悩みを抱えていました。

  • メルボルンバリスタにどうしてもなりたい!
  • 一体どうしたらメルボルンバリスタになれるの?
  • せっかくメルボルンにいるからバリスタになりたい!

けれども、熱い思いばかりがからまわってしまい、なかなかバリスタになれない…。

そんな昔の僕のような人のために今回の記事をお届けします。

僕の実体験の流れについてはこちら、

  • バリスタ未経験で渡豪
  • 学校でコーヒーについて学ぶ
  • 現地5つ星ホテルのレストラン&カフェで働く
  • ウェイター、ときどきバリスタとして働き始める
  • 新しい職場のカフェではバリスタとして働く

 

ざっくりというとこんな流れでした。

今の僕はオーストラリアで大学卒業&永住権を保持しています。

詳しい僕のプロフィールはこちら。

>日本が嫌で海外移住したら英語力と稼げる力を身につけて世界で通用するビジネスマンになったお話【海外永住者】

実際に、経験0で渡豪をしてバリスタとして働いた経験のある僕です。

また留学アドバイザーとして、バリスタとして働きたい人たちの相談に乗ってサポートもしていました。

 

こちらの記事を読んでいただければ、「経験0からメルボルンでバリスタになる方法」を僕の実体験から理解して頂けます。5つのポイントで解説をするので、きちんとポイントを抑えて考え方に落とし込んで行動をすれば、メルボルンでバリスタとして働ける可能性はかなり高まると思います。

 

それでは、まずは全体像からいってみましょう。

メルボルンでバリスタになる方法は?

メルボルンでバリスタになる方法

  • コーヒーが学べる学校に行く
  • シティ付近のカフェは狙わない
  • レベルが高すぎないカフェを狙う
  • 通いつめて常連&友達になる(友達の紹介)

    ハードルを下げるにはウェイターとして働き始めたり、日本人が多いカフェを狙うことがオススメ。

可能性はあります。

もちろんバリスタとして経験があったり知識があると仕事が見つけやすいということはありますが、どんなプロであっても誰もが経験も知識もないところから始めます。なのでお答えから言ってしまうと経験ゼロだとしてもあなたがメルボルンでバリスタになれる可能性はあります。実際に僕もそうでしたし、多くの僕の友達も経験や知識ゼロからバリスタになりました。

とはいうものの闇雲に、計画もなくひたすらにバリスタになりたいということで仕事の応募してもたくさん断られ続けたり、なかなか仕事にありつくことがなくて心が折れてしまう人もたくさんいます。

本当にバリスタになんてなれるのかなという風に弱気になってしまうこともありますよね。そんなことにならないためにも僕が実体験で学んできたできるだけ可能性を高めながらメルボルンでバリスタとして働き始める方法をシェアしたいと思います。

ポイントごとに解説していきたいと思います。

コーヒーが学べる学校に行く

僕自身、バリスタ経験0でオーストラリアに来たけれども学校で学んで現地のカフェでバリスタになることはできました。現地の学校で学ぶとカフェを紹介してもらえたり学校内にあるカフェで仕事ができることもあるのでバリスタになれるチャンスは高まります。学校内のカフェは狙い目なのでオススメです。

ポイント①、コーヒーが学べる学校に行く。

あなたがもし日本でバリスタ経験があったりバリスタについて知識があるのであればここは読み飛ばして頂いてもかまいません。

もし昔の僕のように日本で一切バリスタ経験もないのであればここはとても大切なポイントとなります。語学学校で英語もコーヒーも一緒に学べる場所に行ってみる、現地の専門学校でローカルのオージーに混じってバリスタについて学んでみるということです。

 

僕の場合は大学に行って現地の学生と一緒にコーヒーはバリスタについて学びました。

そして多くの場合は実際にバリスタの先生やもとバリスタな先生がいるのであなたがそういった先生から仕事を紹介してもらえる可能性もあります。またそう言って学校には学校の中にカフェもあるのでそこで仕事をみつけるという可能性も増えます。

 

仕事に応募するということは最低限の知識や経験が欲しいですし、やはり自分自身履歴書に書く内容があったり、経験があると自信もついて面接でも堂々としていられますよね。そのためにも現地の学校でコーヒーはバリスタについて学んでみましょう。

コーヒー・バリスタについてが学べる学校について、詳しくはこちらの過去記事で書いているのでぜひ読んでみてください。

>インパクト イングリッシュ カレッジの評判は?メルボルンのオススメ語学学校

 

>【卒業生が語る】ウィリアム アングリス インスティチュート メルボルン校(TAFE)の評判

シティ付近のカフェは狙わない

メルボルンで本気でバリスタになりたいのであればシティ付近のカフェを狙うとどうしても競争率が高まります。日本でバリスタ経験があるのならばいいですが、未経験からバリスタになりたい人は郊外のカフェを狙うことによって一気にハードルが下がります。郊外カフェを経験→シティのカフェを目指そう。

ポイント②、シティ付近のカフェは狙わない。

カフェ激戦区のカフェを潔く諦めることで、チャンスが高まります

比較的に郊外のカフェより仕事への応募数が増えて競争率が高まります。シティ内の有名なカフェ等だと、ローカルや世界各国からの留学生・ワーホリの人が応募をする場合がありますが、郊外のカフェではそれがグンと減ります。もちろんシティ内でも、応募して大丈夫ですし、仕事を見つけられることもあります。あくまで、仕事を見つけやすいという可能性のお話です。

ツイッターでシェアしたところ、メルボルンのとても有名なハイヤーグラウンドというカフェで2NDヘッドバリスタを務めるお友達のしゅにーくんからも、こんなコメントをいただきました。

ハイヤーグラウンドの英語ホームページはこちら Higher Ground

少し付け加えさせて!

僕の経験上だけど、シティー郊外どちらにせよ、有名なお店ほど倍率は高くなる気もするなー!
郊外は郊外で少人数で回すため雇用の定員倍率も高い!シティーはシティーで有名じゃないところでも忙しいから雇用してるカフェもあると思う!

有名なブランド店かどうか、も大切な狙いを絞るポイントですね。可能性が大きく変わってきます。

しゅにーくんについてはこちらの過去記事をどうぞ。

>しゅにーメルボルンって誰?プロフィールは?Shunnyについて友だちが紹介

レベルが高すぎないカフェを狙う

バリスタになることを夢見てオーストラリアに来た人はレベルが高いスペシャリティコーヒーを扱っているカフェを狙ってしまいがち。競争率が一気に高まります。まずは学校内のカフェなどレベルが高すぎないカフェで仕事を始めることがおすすめ。現地で経験を積んだ後にレベルが高いカフェを狙うと可能性が高まる。

ポイント③、レベルが高すぎないカフェを狙う。

せっかくカフェの街メルボルンにいるのだからスペシャリティコーヒー系のカフェなどコーヒー豆なのにこだわっているレベルの高いカフェで働いてみたいですよね。

気持ちは痛いほど分かります、正直。けれども、競争率が高くなります。オススメは比較的にもっと大衆的なカフェを狙いましょう。採用される可能性が高まります。誤解を恐れずに、本音で言ってしまうと、「こだわりやレベルの低いカフェ」を絞って狙っていきましょう。ぶっちゃけ、メルボルンのカフェのレベルは全体的にとても高いので、「こだわりやレベルの低いカフェ」と言ってもかなりのレベルです。(全体レベルが高いので)

実際に、僕が知っているオーストラリア人のプロのバリスタも最初は、通っていた大学の中にあったカフェでバリスタとして働き始めたそうです。(どちらかと言えば大衆的な普通のカフェですよね。)また、その際にも、友達が多く働いているので紹介でほとんど即採用のような流れだった、といっていました。そこでの仕事経験や実績を活かして、その後メルボルンシティ内にある5つ星ホテルのカフェでヘッドバリスタになったという流れです。

スポーツをやっていた人にイメージで例えるならば、いきなりスペシャリティコーヒーなど大人気のブランドカフェ有名店に応募する、ということはいきなり、県大会や全国大会の試合に出るようなイメージです。競争率が高まって勝てるチャンスが減ってしまうことは想像に難くないですよね。逆に、同じカフェでも学校の中に入っていたり、より地元に密着している大衆的なカフェに応募することができれば、スポーツでいうところの地区の予選大会に出るようなものなので比較的に採用してもらえる可能性は高まると言えます。

そういったところで経験を積んでから、有名店に応募をするという流れがより効果的です。

通いつめて常連&友達になる(友達の紹介)

オーストラリアのカフェで仕事をしたい場合は、働きたいカフェを絞って狙いを定めて何度も通って常連になろう。働いている人とお友達になってしまう感覚で仲良くおしゃべりを楽しもう。相手も名前を覚えてくれるような関係を築くことができたら、お仕事に応募した時に採用してもらえる可能性は高まる。

ポイント④、通いつめて常連&友達になる(友達の紹介)。

あんまり知られていない情報かもしれませんが、仕事を探しをして仕事を見つける時に、どのような方法から一番仕事を得やすいのか?という研究結果があるそうです。実際に僕はメルボルンで大学に通っていた時に大学の講義で学んだ内容です。

一番可能性が高いのは友達の紹介や知り合いからの紹介でご縁を繋いでもらって仕事を手に入れるという方法だそうです。そして、それは普遍的で長いこと変わっていないという情報です。ネットなどが発達した現代ですが、ご縁が大切ということを大学で教えてもらいました。

これを今回のバリスタとして働くことに当てはめて、何が言いたいのかと言うと、全く知らないお店にいきなり仕事を求めて応募するよりもあなたの友達が働いている場所やあなたの知り合いが経営しているような場所に応募すれば可能性が一気に高まるということです。

そうは言うものの、留学やワーホリに来たばっかりでまだ現地の知り合いも友達もあんまりいないという人もいますよね。そんな場合は積極的に自分が働いてみたいなというカフェに通いつめてみましょう。そしておしゃべりを楽しむんです。何度か通っているとお話好きなオーストラリアのカフェの店員さんと仲良くなれることがあります。相手からも名前を覚えてもらえるような関係性を築くことができれば、お仕事を応募した時に採用して頂ける可能性は高まります。

仕事GETのハードルを下げるコツ

ポイント⑤、仕事GETのハードルを下げるコツ。

ここで実際に僕や僕のお友達が、意識をして活用していたバリスタとして働き始めるハードルを下げる方法をご紹介したいと思います。

ウェイターとして働き始める

バリスタとして働きたいという気持ちはわかりますが、まずはウェイターとして働きましょう。ウェイターとして仕事を探すことによって仕事が見つかる可能性も増えますし、同じカフェで働いているバリスタと仲良くなることでいろいろ教えてもらったりそこからバリスタとして働き始められるというきっかけがあります。これは実際に僕がバリスタになった時も同じでした。ヘッドバリスタの休憩時間にバリスタを担当するようになって徐々にその時間が増えていってバリスタとして認められるようになりました。この方法でバリスタになる人もとっても多いのでウェイターとして仕事を探してみるというのも戦略の一つです。

日本人の人が多いカフェを狙う

このご時世あまり人種なので判断をするのは良くないということは重々承知です、それでもしかし。ビジネスオーナーさんやマネージャーさん達の中には意識的に日本人を雇いたいという考えの人もいます。それはそのカフェ自体が日本のコーヒー文化に大きな影響を受けている場合や、お客さんに日本人がたくさんいる場合、またすでに働いているスタッフの多くが日本人の場合などです。日本人が一人として働いていないカフェに行くよりもそういったカフェの方が雇ってもらえる可能性が高まるというのはぶっちゃけあると思います。本音でお話をすると、僕が永住権のスポンサーをしていただいた職場でも当時の日本人マネージャーさんの活躍が認められており、日本人であるということが評価していただけたということがありました。

ワークエクスペリエンスとして働く

ワークエクスペリエンス(Work Experience)とはいわゆる日本語で言う職業体験のことで、学校などの仲介でお給料は貰えないボランティアワーク( volunteer work)のような形だけれども、現地の企業で数日から数週間仕事経験をさせてもらえるというシステムのことです。

 

細かいことを言うとオーストラリアではお金を支払わないで仕事をするということが違法にあたりますが、学業目的、学ぶ目的で仕事経験を積むというこのワークエクスペリエンス(Work Experience)はまだ認められている方法です。この方法の最大の魅力は特に厳しくて細い採用面接などなくすぐに仕事が始められるということです。お給料は発生しませんがしばらくの期間仕事をして、もしあなたの働きぶりが認められれば実際の本採用となることもあります。実は僕が一番最初に働き始めたメルボルンにある5つ星ホテルでもこの方法で採用して頂きました。お給料が発生しない形だったけれども数週間働いたところ、働きぶりを認めて頂いてチームメンバーとも仲良くなれたのでそのまま正規雇用をしていただけるという形でした。僕のお友達でもこの方法で現地のカフェやレストランで仕事を始めた人がたくさんいるのでとても現実的な方法です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

以上のマインドセット(考え方)や狙いを絞る方法などをきちんと理解して行動していただければ、正直、未経験からでもメルボルンバリスタとして働くことは可能だと信じています。実際に僕がそうでしたから。

 

ある程度、時間もかかるかもしれませんし、慣れない環境で挑戦することには忍耐力や環境への適応能力も必要かと思います。こちらの記事を読んでいただいて、主体性を持って自ら積極的に行動をしていけばバリスタとして働ける可能性はありますので、どうか諦めずに行動をしてみてくださいね。Good luck! (幸運を祈ります!)

 

もし、記事の中でご紹介をしていたコーヒーバリスタについて学べる学校に興味がある方はこちらの過去記事でも詳しくお話をしています。ぜひ読んでみてくださいね。

>インパクト イングリッシュ カレッジの評判は?メルボルンのオススメ語学学校

 

>【卒業生が語る】ウィリアム アングリス インスティチュート メルボルン校(TAFE)の評判

お友達の留学エージェントでは、正式な契約がどちらの学校さんともあります。無料相談で確実かつ、とってもお得に留学・入学のお手続きをサポートしています。もし、詳しく聞いてみたいな、という方はお気軽にこちらからお問い合わせください。お繋ぎさせていただききます。

 

 

バリスタとして、経験をつんで永住権に繋げることも可能性があります。

オーストラリアの永住権に興味がある方はこちらの過去記事も読んでみてくださいね。

 

オーストラリア移住のメリットデメリットは?永住するべき?【永住者が語る】

オーストラリア永住権・僻地ビザ・RSMSビザを取得する方法を解説【永住者が教える】

 

By for now. See you somewhere in the world!

KENTI

ps、

英語学習や海外移住に大切な想いや考え方をより詳しく無料のメルマガではシェアしています。実体験から、想いをお届けしているのでぜひチェックしてみてくださいね。

メルマガ登録はこちら

 

Sponsored link

英語についてや人生相談はLINE公式からお返事をしています〜!

英語や留学で夢を叶えたい人・自由に生きたい人の応援をするのが好きで相談に乗っています。単純に夢を追いかける人が大好きです。LINE公式ではブログでは発信をしていない海外生活や英語についての考えをシェアしています。お友達になってもらっても通知が来ないので、スタンプだけでも送ってくれたら嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

小中高と不登校で人生終わった→AUS留学で英語と海外の魅力を感じる→18歳で0から英語を勉強開始→AUS大学を卒業すると同時に永住権取得!▶︎元留学カウンセラー▶︎IELTSスコア8▶︎AUS在住歴10年▶︎留学で英語と出会い人生を変えた人。英語や留学で夢を叶えたい人を全力で応援!夢を追いかける人が大好きです。大の旅好き。